永岡玲子税理士事務所

0798316745
どんな場合に相続税はかかるのか、いつ何をすればいいのか。私達が心を込めてサポート致します。
  • 2019/04/01相続サポートサイト作成いたしました。

わずらわしい税金の計算や申告手続は是非とも、私達のような税理士事務所にお任せください。

その道には、「 亡くなった方のものを引き継ぐ 」という 場面があります。

引き継ぐものが、ただ心に刻めばよいだけの 言葉や思い出であるなら、 わずらわしい手続きは要りません。守らなければいけない期限もありません。

形あり価値ある 「 遺産 」 を引き継ぐとき。 そこには必ず、守らなければならない手順と決まりがあります。

遺産の金額によっては、相続税という税金を期限までに払わなければいけません。

文字の部分をクリックして下さい。答えの中身が開きます。

ご逝去の日から2週間以内に行うこと

年金の手続きをしましょう。

亡くなった方が受給していた年金をストップする手続です。国民年金の場合は市区町村役場へ、厚生年金の場合は年金事務所で手続をしましょう。

ご逝去の日から3か月以内に行うこと

“相続する権利”そのものを手放すかどうか、決めます。

故人名義の財産や借金、未払いの税金等として「何が」あるのか、 大体でいいのでご家族全員が分かっている状態にしておいて下さい。 可能な方は、このタイミングで税理士の初回相談・お見積りを利用することをお勧めします。

ご逝去の日から4か月以内に行うこと

税金の確定申告です。

年の途中で亡くなった方は、いつもの確定申告と締め切りは違います。

ご逝去の日から10か月以内に行うこと

相続税の申告です。

相続財産が この金額を超える場合、税務署に申告をしなくてはなりません。

3,000万円 +(600万円×法定相続人の数)… ★

例えば、夫が亡くなって、遺族は妻と子供2人の場合、4,800万円を超える 相続財産がある場合は、申告しなくてはなりません。

★ 相続税は「亡くなった時点」での相続財産にかかります。

トップへ戻る

〒662-0915 西宮市馬場町1番4号 北本ビル6F  TEL:0798-31-6745/FAX:0798-31-6746

Copyright 2019 永岡玲子税理士事務所